2010年12月23日

CentOS5でxfsを使う

最近のCentOSじゃ、xfsを使えるようにするまで3分なんだ。軽くびっくり。
※CentOS5.5を使用。

# yum install kmod-xfs xfsprogs
# reboot
リブートして
# mkfs.xfs /dev/hdb1
meta-data=/dev/hdb1 isize=256 agcount=16, agsize=262142 blks
= sectsz=512 attr=0
data = bsize=4096 blocks=4194272, imaxpct=25
= sunit=0 swidth=0 blks, unwritten=1
naming =version 2 bsize=4096
log =internal log bsize=4096 blocks=2560, version=1
= sectsz=512 sunit=0 blks, lazy-count=0
realtime =none extsz=4096 blocks=0, rtextents=0

# mount -t xfs /dev/hdb1 /export/hdb1
# df -h
Filesystem サイズ 使用 残り 使用% マウント位置
/dev/mapper/VolGroup00-LogVol00
5.7G 3.8G 1.7G 69% /
/dev/hda1 99M 18M 76M 20% /boot
tmpfs 506M 0 506M 0% /dev/shm
/dev/hdb1 16G 544K 16G 1% /export/hdb1
おおー。
カーネルのリコンパイルとか不要なんだ。すげー。


posted by usoinfo at 08:28 | Comment(0) | 開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。